スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
どうなっちゃうの?
古いお札ちょうだい!
って考えたことありませんか?

古いお札はどうなっちゃうの?
って記事がありました。
担当の方によるとお札の使用期間には大体の目安があるそう。1万円の場合は3年から4年、5千円や千円の場合は1年から2年が回収の目処になっているとか。もちろんそれ以前に切れたりしたものは銀行などで回収し交換されますが、だいたいそれぐらいの期間が経つと、検査の機械に引っかかるようになるそうです。

その回収されたお札はと言うと、残念ながらほとんどは細かく裁断されて焼却処分されます。しかし一部は、外壁トイレットペーパーにリサイクルされているとか。さらに調べてみると、ちょっと変わったリサイクル商品もありました。

そんな商品を取り扱っているのは、日本銀行と同じ通りにある「ときわ総合サービス」さん。こちらでは、お札の裁断片が入った「ボールペン」や「マウスパッド」、裁断片で作られた「時計」や「貯金箱」を販売しています。やはり本物のお札が使われているという豪華感からか、かなり売れているそうです。お金でお金で作られた商品を買う、ちょっと不思議な図式ですがこんなリサイクル方法もユニークですね。

とは言ってもまだまだ大半が焼却処分になってしまうボロボロお札。他にも何かリサイクル方法があるような気がしますが、お金という面からシビアな部分があるのかも知れません。裁断片がグラムで販売されていたりしたらちょっと買っちゃいそうな気がしますが、日本銀行さんいかがでしょうか?
(木南広明)
スポンサーサイト

テーマ:こんな日常 - ジャンル:日記

【2007/08/23 15:58】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<氷カレー | ホーム | 虹の色は何色?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://syuwitch.blog62.fc2.com/tb.php/972-b44f5a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。