スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
グラスを持つ? 持たない? 働く女子が実践する「飲み会でのお酒の断り方」
親しい友だちとならいいけれど、仕事関係の人と飲む場合に悩んでしまうのが、“もう飲めない!”
というときの「お酒の断り方」。みなさんはどのようにして“やんわりと”お酒を断っているのでしょうか?

■断ってくれる味方を確保しておく(26歳/IT)
「自分だけでは断る勇気がないので、『すみません、この子はお酒に弱いんですよ』と言ってくれる味方を確保します。最近ではお酒に弱い先輩と後輩と仲間になって、お互いをフォローするようにしています。持つべきものは、仲間です!」

たとえ席が離れていてもお互いの位置を確認し、意識し合うのだとか。立派なチームプレイです!

■グラスを手放さない(25歳/医療)
「お酒を勧められても、『いただいていますー』といってグラスを手放しません。テーブルにグラスを置いていると、あちらこちらから注がれてしまうことがあるので……。グラスに入ったお酒の量を相手から見えないようにして持つことも」

和やかに見える飲み会の場。意外なトリックプレイが繰り広げられているのかもしれません。

■意味不明な会話をして、受け流す(26歳/広告)
「『これ以上飲んだら、お酒に侵略されてしまうー!』とよくわからないことを言って、べろべろに酔っているふりをします。やりすぎて『誰か、お冷やを持ってきてあげて!』と上司から心配されたことも……(苦笑)」

あくまでも「これ以上飲ませちゃダメ!」という意識を相手に与えることが目的。でも、「もっと飲ませちゃえ!」なんてことにはならないでしょうか?

■自分のグラスを持たず、ひたすらお酌して回る!(24歳/アパレル)
「特にお酒を勧めてきそうな上司を狙っていきます。ポイントは、自分のグラスを持たないこと。勧められても『グラスが手元にないので』と断ることができるので」

攻撃は最大の防御……ということでしょうか。「自分のグラスも一緒に持って回り、飲んでいるふりをしながらお酌する」(29歳/不動産)という人もいました。

■ウーロン茶を用意する(30歳/教育関連)
「お酒に弱いので、1杯目の半分くらいを飲んだころにこっそりウーロン茶を注文します。2つのグラスを置いて、交互に飲んだり、ウーロン茶だけ飲んだりしていると、周囲も『弱いのかな』と察してくれます。最近は、そこまで無理強いする人も減っているので」

「飲めないんです!」とハッキリ言うと白けてしまいそうな場での、さりげない(?)断り方かも。

断れないからといって無理して飲んでいては、自分の体に悪いだけでなく、最悪の場合、まわりに迷惑をかけてしまうことも……。上手にお酒を断る大人の社交術を身につけたいものです!

(吉住夏樹/プレスラボ)
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ情報 - ジャンル:日記

【2011/01/10 01:27】 | ひとりごと | コメント(0) | page top↑
<<どうして男性は連絡を頻繁にくれないの? 恋愛博士に聞いた! | ホーム | サイクリングは精子の数と質を減少させる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。