スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サイクリングは精子の数と質を減少させる
今まで、どんな運動であれ精子の生産量が少なくなったり、
精子の活力が減少したりすることはないと考えられていた。
しかし、ここに来て、ボストン大学で生殖と不妊について研究を進めている機関から意外な研究結果が発表された。
一週間で少なくとも5時間以上サイクリングを行った場合、精子の元気度と数が減少する可能性が通常の男性に比べ2倍高くなるという。
以前の調査から競技種目に参加するスポーツ選手には何らかの異常が精子に起こることは分かっていたため、今回は不妊治療に通っている健康な男子2200人を対象に調査を実施した。
調査対象となった人は自分の精子とともに健康状態や日頃の運動に関する質問への回答を提出。ビタミン剤の摂取、血圧、下着のタイプなどの特殊な個人差を考慮に入れても、(精力的に運動する人も含め)運動をする人としない人との間に精子の異常は特に発見されなかった。
しかし、比較の対象を週に5時間以上サイクリングする人とそうでない人に分けた場合に精子の異常が発見された。全く運動をしない人の23%、または週に5時間以上自転車に乗る人の31%が通常より精子の数が少なく、そして全く運動をしない人の27%、または頻繁に自転車に乗る人の40%が精子の数は少ないが精子は元気であった。
研究を担当したローレン・ワイズさん曰く、サイクリングからくる陰嚢の温度上昇と位置的なストレスが原因で精子に異常が起こるのではないかとのこと。しかし、この研究の信憑性に疑問もある。なぜなら、研究の対象になった男性はすべて不妊治療を行っている人たちであり、そもそも正常な男性に比べ何らかの精子の異常があるかも知れないのである。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ・紹介 - ジャンル:日記

【2011/01/09 01:24】 | ひとりごと | コメント(0) | page top↑
<<グラスを持つ? 持たない? 働く女子が実践する「飲み会でのお酒の断り方」 | ホーム | 結婚相談>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。