スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマスツリー
先月、とあるお仕事でクリスマスツリーや暖炉のある部屋をつくって撮影をすることになったのだが、
その場にいたカメラマンやデザイナーにツリーを持っているか聞いてみたところ、」みごとに誰も持っていなかったのでびっくり。
小さな子供のいる人なら持っているのでは? ということで友人知人に聞いてみたが結果は同じ。
最終的には、ショップで借りることになった。そこで、最近の家庭ではツリーは飾らないの?
と疑問に。

オンラインのクリスマスショップ、『マテリ』さんにお話を伺ってみたところ、
「最近の傾向としては、二極化がすすんでいるとは感じます。
昔から5~6万ほどの高価格帯の大型クリスマツリーを買う層というのはいらっしゃるのですが、
一方では、リーズナブルさや手軽さを重視される方もいらっしゃいます。
核家族化がすすんでいることや、マンション住まいの方が増えたことで、
収納場所がないなどの時代の変化もあるのかもしれませんね。
ただ、昔に比べれば洋風の住まいが増えたことで、ツリーを飾りやすい環境が整っているとは思います」

とのことだった。
なお、お話の中で印象的だったのは「クリスマスにもトレンドがある」ということ。
昨年は「ジュエリー」や「お花」などがキーワードで大人っぽいシックなものが多かったが、
今年のヨーロッパのトレンドは「トラディショナル」。
誰もが子供の頃からなじんできた伝統的で懐かしいクリスマスに原点回帰しているそうで、
レッド、グリーンといったクリマスカラーに加え、雪だるまや雪の結晶といった
定番的なクリスマスモチーフが復活しているという。
その意味で、今年ツリーを買うなら、トラディショナルイメージの「ハッピーホリディ」
というツリーがおすすめだそうだ。

考えたら、本体のツリーさえあればオーナメントは変えられるので、
ある年はトラディショナル、別の年は木の実や手作りのクッキーなどを使ったナチュラルイメージで……
などなど、毎年テーマを変えてみるというのもイイかもしれない。

思い起こせば、私が子供だった頃にもそれほど大きいものではなかったが家にツリーがあって、
箱から出して飾り付けをするのが毎年、楽しみだった。
雪にみたてたふわふわのコットンを枝にのせたり、
オーナメントの小さな家の中を空っぽだとわかっていながら何度ものぞきこんでみたり……。
あの頃はピュアだったな~としみじみ。
今年はあなたもツリーを飾り付けながら、子供の頃のクリスマスを待ちわびる
気持ちを思い出してみてはいかがでしょう?
(まめこ)
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

【2010/12/22 01:39】 | ひとりごと | コメント(0) | page top↑
<<パワースポット | ホーム | お酒を飲むと、膝などの関節が痛みませんか >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。