スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中国株の秘密 その2
中国株だけ続きが届ききましたw

内容はこちら。。







前回のメールは難しかったですか?


いいですか?

理解する必要はありませんが

聞き流す程度でいいので、

軽く読んでください。


自分のお金にかかわることですからね。

そのうちいやでも興味がわくと思います。


今日も難しいかも知れませんが、

わかりやすく言うと

「チャンスが迫っているから急いでね。」

ということです。



■A株市場・B株市場の統合がせまっています。

中国B株市場は、外貨を獲得する調達手段として1992年に設立されました。

B株市場には予定していたほどの資金が集まることはありませんでした。

外国の資金も流動性が低く、
未熟な中国株市場への投資に積極的になることはありませんでした。

B株市場は、中国政府のの思惑どうりには成功することはありませんでした。

そこで中国政府は、2001年に中国証券監督管理委員会は、
上海B株・深センB株市場の株式購入資格を1部の条件を満たす、
国内投資家にも開放しました。

中国政府は、
中国在住の国内投資家にもB株市場に投資するチャンスを与えたのです。

一般市民に開放されたB株は、
中国一般市民に大変な人気を得ることになりまた。

数日間で、数多くの口座が開設され、
多くの投資家がB株市場に興味を持つようになりました。

一般の中国人に開放されたB株は、
以前の低迷した指数が嘘のように上昇いたしました。

上海B株指数は約10倍になりました。
このことは、中国市場が抱えていた問題を解決する大きなキッカケになったのです。

中国政府の市場統合という、
中国経済の発展に欠かせない問題が急速に進むことになったのです。

国際的にも大注目されている中国、
数多くの国際イベントが目白押しであり、
国内の設備やインフラの設備を整えるためには、
大きな資金調達の必要性があるのです。

市場の統合に関しては、
意見が中国政府の中でも分かれているようですが、
今の中国の情勢から考えて、
市場の統合という課題は、
中国の国際化という未来において必要不可欠なのです。




最終的に証券会社の紹介?
まさか直接中国株を売りつける訳じゃないよね?

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/09/23 07:28】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中国株の秘密 その3 | ホーム | 中国株って知ってますか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://syuwitch.blog62.fc2.com/tb.php/1051-6bab6dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。