スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
とうとう10通目
とうとう10通目をこえたセールスレター。
あなたは一体だれなの?
そろそろ自己紹介ぐらいあってもよくない?




多くの方が昨日のうちに

入会されたみたいですね。


中国株はとにかくスピードが命です。

それだけはわかってくださいね。


それでは、よくある質問にお答えします。


Q.中国株式情報サイトは数多くありますが、他社との違いは? 

当社は、中国の情報統制機関である新華社通信と深い関係にあります。
他社の情報は、新華社の子会社が伝える
【遅れた企業情報】を基に株式情報の配信等を行なっています。
これでは、優れた情報を配信することは不可能です。
中国国内に情報収集ルートを持ち、企業などが正式発表する情報を、いち早く入手することができます。
中国最大のメディアとの関係がある当社の情報を信頼してください。



Q.中国株は安全なのでしょうか?

株式投資の世界でも、BRICSと言われる新興国投資に注目が集まっています。

特に、ベトナム株などは非常に注目を集めています。

しかし、世界の投資資金が1番集中しているのが中国なのです。

海外に投資をするとき注意しなければならないのが、その国の政治情勢です。

ベトナム株について、数多くのアナリストなどは、政治的要因から、
大暴落の可能性ありという考えを持っています。

国が急激な成長変化をする時には、必ずと言っていいほど、
国家の政治不安、クーデターなどが起こる危険性が高いのです。

それに比べて、中国は、中国共産党の支配が続いており、政治的な安定があります。

発展途上国が急成長するのは当然ですが、政治的にも発展途上であり、
ある日、保有していた有価証券の価値がゼロになるということも考えられるのです。


Q.株式の分析能力はどれほどなのでしょうか?

数ある情報サイトでは、
学校や本で学んだ知識のみで分析しています。

当社は、M&A事業、企業を対象としたファイナンス支援業務を行なっています。

これらの事業を行なうには、
業界の動向、企業を正確に評価する分析能力が求められます。

M&A、ファイナンス支援において、企業分析能力がなければ、
非常に大きなリスクや損害を蒙ってしまいます。

当社の企業分析は命がけと言ってもいいほどです。
株式だけではなく、実際の企業を売買する、
お金を支援する業務を行なっている当社の分析能力は、他社を圧倒しています。


Q.推奨銘柄は上昇していますか
当社の推奨銘柄の実績は、他社の実績を大きく上回るパフォーマンスを記録しています。
それは、当然と考えられます。

当社は、他社にはない中国における情報ルートというものを確立しているからです。

他社が確かな情報もないまま、好き勝手に情報を配信している会社に不信感を感じます。
何を根拠に中国の株式分析をしているのか聞いてみたいものです。

当社のほかに、中国の企業の正確な情報を入手できるところはありません。


Q.日本の企業が経験した成長を中国株に期待できるのでしょうか?

まず、人口と国土の規模が違い過ぎます。

また、日本の急成長時代とは、情報インフラ、技術の進歩などが違います。

日本より、数倍のスピードで急成長することになるでしょう。

また、日本人イコール勤勉というイメージが強いのですが、
中国人も非常に勤勉であり、競争意識が強く、経済成長には欠かせないものになっいます。

また、広大な国土には、豊富な資源があります。

天然石油などは、その代表例です。

中国の富裕層と言われる人口ですら、日本の人口を超えていると言われています。

中国の発表する統計等は控えめな数字と言われており、
今後、想像以上の経済発展をしていくことになるでしょう。


Q.投資資金はどれぐらいからスタートできますか?

日本の企業も個人株主を意識して、
取引単位の引き下げを行なったりしていますが、
最低でも30万円程度は用意していないと、
本当に投資をしただけのメリットを享受することは難しいと思います。

特に、個人投資家に人気の新興企業株は高額である場合が多いのです。

しかし、中国株は3万円から、5万円で指標採用銘柄から、
新興企業の株式まで購入することが可能になっています。

しかし、この5万円という額も中国人にしてみれば、凄い大金になります。

この中国との差があるうちに投資してください。


Q.日本株に主に投資をしているのですが、中国株情報が日本株投資に役立ちますか?

当社は、日本株情報サイトも運営していますが、
そちらにも中国株情報が日本株への投資に大変役立っています。

中国における鉄不足、銅不足が日本でニュースになり、
日本の各地で鉄の盗難がニュースになっています。

また、資源を中国に運搬するための、
造船、コンテナ、紙パルプセクターの株式が高騰したことも、ご存知だと思われます。
中国人がマグロを食べ始めれば、日本人がマグロを食べれなくなります。中
国人がトイレットペーパーを使ったら、世界中のトイレットペーパーが無くなってしまうと言うことです。
中国で何かが必要になれば、それを扱う日本企業に需要が生まれるということになります。


Q.日本株に主に投資をしているのですが、中国株情報が日本株投資に役立ちますか?

現在、中国人で携帯電話を持っている人は、
5億人を超える数の人が携帯電話を利用しています。

日本企業の技術やコンテンツは中国企業にとっても大変魅力的であり、
今後、中国企業と日本企業の業務提携、資本提携、M&Aなどが増加することは必然です。

ですので、当社が入手した情報は日本企業に大変な影響を与えるような情報も数多くありますので、
日本株に投資されている方にも役に立ちます。

日本株サイトでは、中国需要などで株価上昇が見込まれる銘柄を紹介して、
短期間で上昇した実績が数多くございます。


Q.中国株を買うタイミングは今が1番いいのでしょうか?

当社といたしましては、北京オリンピックまでが最高の買い場と考えています。

過去の日本を含め海外の経済成長のデーターなどと照らし合わせても、
ここが1番の買い場とみます。

確かに、中国の個々の企業の成長もありますが、
中国という国の国策にもっとも重要性があります。

オリンピックを開催すること、
万博を開催することなどは、共産主義、社会主義国家である中国が、民主化する第一歩になります。

外資に対する市場開放などは必然的であり、これから本格的に市場が開放されます。

A.Bに分かれている市場が統合される前には、確実に仕込みたいですね。
アメリカを超えて世界一になる中国に投資いたしましょう。


Q.御社は、どのような会社なのでしょうか。

当社は、中国国営放送新華社通信と深い繋がりを持っており、
中国での情報ネットワークを持っている会社です。

また、これから中国での本格的な事業展開を考えている企業です。

日本国内では、M&A業務、ファイナンス支援業務、ベンチャーキャピタル業務を展開しています。

企業を査定する力が本当に要求される中で培った、
企業分析能力、セクター分析能力は他社とは比べ物になりません。

株式投資とは比較にならないぐらいのリスクが要求される業務を行なっています。

ですから、当社の関係者も公認会計士、税理士、証券関係者、銀行関係者、
ベンチャーキャピタル関係者など数多くいます。

また、大学の研究室で経済の研究をしているものが企業分析などを行なっています。
業界屈指のプロ集団と考えております。



■最後に


自分だけが儲かればいい

人よりも儲けた方が偉い

本当にそうでしょうか?


自分も儲かって友達も儲かる

それが本当に楽しいことです。


いいですか?

はっきりいって、死ぬほど儲かります。


中国株は恐ろしいです。


しかし、すぐに行動しなければ

すべてのチャンスを失ってしまいます。


私は、去年1年間で

240万円の元手で

1450万円にまで増やしました。


それはすべて

コチラの情報を利用しています。


中国政府と直結している情報というのは

はっきりいってものすごい威力があります。


あなたも是非味わってください。


スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/10/28 03:06】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中国の本場
やっと正体がわかりました。
ここまでメールにつきあってる人なら
完全に興味アリの人ですもんね。




さて、中国株について
お話してきましたが、

理解できましたか?


・中国株は資産を1万倍にできる可能性がある

・中国株は情報がすべて。新華社通信の情報がないと意味がない


ということです。


では、お待たせしました。

その情報を教えてくれるところを教えちゃいますね。

大経済発展を遂げている中国株に貴方も投資してみませんか!!コチラ




はっきり言いますが、

他の情報とは質が違います。


確実に儲けたいと思っているのであれば、

すぐに始めてください。


今なら入会金2万円がすべて無料です。

大経済発展を遂げている中国株に貴方も投資してみませんか!!コチラ





とにかく、中国株は

スピードです。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2007/10/26 03:30】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新華社
どうも新華社通信という会社のセールスみたいですね。
このメールも8通目にして正体が見えてきました。




さて、前回はいかがでしたか?

中国のインサイダーぶりがよくわかったと思います。

結局は、新華社通信の情報を手に入れないと

いくら中国株が儲かるといっても

まったく意味がないということですね。


では、新華社通信の情報を手に入れると

いったいどれくらい儲かるのでしょうか?

以下が去年の実績です。


1109 華潤置地有限公司     478%
1044 恒安国際集団有限公司   423%
2899 紫金砿業集団股有限公司  321%
0629 悦達控股有限公司     370%
0934 中石化冠徳控股有限公司  266%
0322 康師傅控股有限公司 食品  312%


新華社通信の情報は恐ろしいですね。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

【2007/10/25 02:30】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
株式の購入
中国の株式の購入にあたって、
1番の問題となるのが情報です。

日本のテレビ、新聞などで報道される情報やニュースは制限、
情報統制されている場合が多いのです。

中国では普通にみんなが知っていることが、
日本の報道機関、マスコミが伝えることには限界があります。

確かに、近年の中国企業の情報開示は日本のように厳しく行なわれているようですが、
投資家にとっては、
日本国内の企業に投資をするようにはいかないと思います。

テレビのCMや実際に、その企業の店舗の前を通ったり、
商品を手にすることができない環境にあれば不安になるのも当然だと思います。

中国株投資においては、
ファンダメンタルなどの分析よりも、
まず情報をいかに正確に速く手に入れるかということが大切なのです。

中国では、日本のようにNDA(秘密保持契約)の意識が乏しいのか、
企業の正式発表の前に公になっていることがよくあります。

中国株への投資で勝つには「情報を征する」 ことが重要なのです。

中国は共産主義国家であり 情報統制を徹底している国です。

その情報統制の中心に位置するのが中国国営放送の新華社通信です。

その新華社通信からの情報をどうやって入手するかが

ポイントとなります。



■新華社とは

新華社は、1931年に創設された世界4大通信社の一つで、
中国最大の国営放送として報道機関と ニュース配信センターを持つ。

1949年に国家通信社となり、
中国国内では全土31省・自治区・直轄市、
50主要都市海外105ヶ国に支社・支局があり、
全世界のニュース・情報を365日24時間提供している。

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

【2007/10/24 02:00】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わたしが興奮する話
わたしが興奮する話をこんなに詳しく
教えてくれてありがとうございます。
…どこまで続くんだろうか?このメール。




とうとう

さて、ついにあなたが

興奮する話をしちゃいますね。


もしあなたに10万円の資金があれば…。



■10万円を30億円にする投資とは


過去の日本以上の経済発展をする中国、
中国のソニー、ヤフーを見つけろ!!

これからの中国

・2008年 北京オリンピック開催

・2010年 上海万国博覧会


・中国は2008年の北京オリンピック、
2010年の「上海万国博覧会」という
国際的 イベントがあります。

・日本は東京オリンピックを景気に著しい経済成長を遂げました!!

・韓国はソウルオリンピックを景気に著しい経済成長を遂げました!!
 (韓国総合指数は1981年から8年間で約9.5倍になりました)

<2050年にはGDPの順位で中国が世界一になると
ゴールドマン・サックスが2003年に発表>

1955年8月に株式の店頭公開(IPO)を行なった時、
ソニーの株式は1000株を13万8000 円で買うことができました。

その後13回の株主割り当て、株式分割を行い、
2000年には店頭公開の1万9000倍にあたる上場来最高値になりました。

ソニーの株式は、46年間保有し続けた場合、26億4295万円の価値になったことに なります。

更に、日経平均株価指数が戦後の40年間で221倍にもなりました。 海外の投資家
は戦争で負けた、アジアの小さな国に投資をすることは、かなりのリスクがありました。

昔の外国映画などでは、
日本製という台詞を使うことによって、
ダメな商品という代名詞であった時代だったのです。

・戦後の先の見えない日本株に投資をすること

・今の中国株に投資をすること

最低の投資金額は10万円程度であったとしても、
戦後の日本人の10万円の感覚と、
現在の日本人が中国に10万円投資するとでは、全く違います!


10万円を株式に投資するということは、
現在の中国の方には非常に難しいということが言えます。

(2002年度 中国人の平均預貯金残高=約12万円)

日本人にとって、10万円は決して高い金額ではないとは思います。
また、10万円で日本株を買う方が難しいというような状況なのです。

中国株に、10万円投資するかしないかで、
数十年後に大きな違いがあらわれてきます。

中国の成長を正確に予測することはできませんが、
中国での鉄の需要などが日本ら与えている状況を考えますと、
中国の発展が予想以上であると予測することは容易であると思います。


中国の成長性を考えれば、ソニーなどの企業が見せた成長をする企業があるであ
ろうことを予測することは簡単です。

中国株に投資をするということは、
非常に夢のあることなのです!!


現在の東証の主力株のオリンピック当時の株価はどうであったでしょうか。

トヨタや松下といった銘柄は200円以下でありました。
その他の主力株も非常に安い株価でありました。

日本の企業は、会社の成長を優先することにより、
株主に対する配当などに積極的ではありませんでした。

アメリカのIT企業なども配当はあまり出している企業はありません。

中・長期で中国企業の株式を購入する場合は、
株主に対する利益の還元に対する方針なども考慮しておきませんと
株式分割をすることにより、株主に還元を考える企業と、
株主配当を出すことにより還元する企業とで差が出てしまいます。

<複利のマジック>

株式投資に不可欠な考え方として大切なのが、
投資で得た利益を再投資するという複利という考え方です。

アメリカの科学者であるアインシュタイン博士は
「今世紀最大の発見は?」と聞かれて「複利」と答えています。

ロスチャイルドも「世界の7不思議はなんだ?」という質問に対して、
「それはわからないが8番目の不思議は福利だというのは確かだ」と答えました。

世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェットは
そんな複利を利用して、投資で大成功しました。

銀行預金と関係した印象の強い「複利」ですが、
株式投資でもその魅力を最大限に引き出すことが可能です。

株式投資での「複利の力」は「再投資・長期保有の力」と言う事です。

売却益や配当など収益が出た分を、再投資して、
次第に投資することにより、金額を増やしていくことができるのです。


<複利について>

1,000,000円を利回り30%で複利運用すると
20年後に190,049,638円、約190.05倍になります


中国株においては、新興市場の株でなくても、
デイフェンシブ銘柄でも年間の上昇率が30%といいう銘柄は数多くありますので、

中国企業の将来の政策等をしっかり見極めて投資をすることにより、
小額の投資であっても非常に大きなリターンを期待することができます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/10/23 03:41】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本より中国がうえみたい
このメールによると、日本は
もうダメなんだって。。
いや、昔からいろんな本でそういうのは
読んでるんだけど…お金持ちの人達は
だからって外国に移住してるの?どうなの?




さて、前回は
多少はわかりやすい話ではなかったでしょうか?

要するに、日本はもう駄目だという話ですね。

昔はよかったんですけどね。

その昔よかった日本と同じ状態が

今の中国なんです。


今回は、さらに具体的に

「中国の方が上である」

ということを

ご説明しますね。


次回は、多分わくわくして

鼻血を出すかもしれません。



■中国の経済成長

1978年1に改革開放に転じてから、
中国の経済成長は凄い勢いで上昇しています。

中国政府が目標としたGDPの成長率を上回る成長率を記録しています。

2001~2005年は平均9.5%と目標ラインを上回る成長率です。


■中国に追い抜かれる日本経済

近年の日本経済の名目GDPは、たいした変化がありませんでした。

その間の中国の成長率は、平均10%以上の成長をしており、
中国の名目GDPは世界第5位であると言われている。

一方、中国ではこの間、実に3倍にふくれあがっている。

年平均成長率は10%。いまや中国の名目GDPは推定世界第5位。

日本の50%程度の水準にまで達している。

この成長率で中国経済が成長していけば、
中国のGDPは数年後に日本を上回ることになります。

GDPと人民元の上昇を考えれば、
ゴールドマンサックスが発表したように、
中国が世界1位の経済大国になることは、
ご理解していただけると思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/10/21 13:38】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに中国の株のお話
このメールすでに10通以上きてるんですが…
どうしよう。。




さて、前回も難しかったという人が

多かったみたいですね。


これからも、ちょっと難しいですが、


「他の人がやらないことをやって儲けよう」

と思っているのでしたら

【少しぐらいは我慢】しなければいけません。



■中国株に投資するということ


かつて鉄鋼王と呼ばれた菊池寛実は

「借金はいくらでもしろ、どうせインフレが進んで、
時が経てば借金なんてタダ同然になるんだから!!」 と言いました。

若い世代の人は、インフレを感じることが無かったに等しい ですが、
団塊の世代の方は経験しているから分かると思います。

経済成長しきってしまった日本では
急激な経済の成長、変化を求めてもダメだと思います。

相場で成功した人達は、
日清・日露戦争第一次、
二次世界大戦、
朝鮮戦争や神武景気、
岩戸景気、
オリンピック景気、
バブル景気
などの経済の波に乗って大成功しました。

日経平均が数千円から3万8千円台まで上昇した
誰で勝てる相場100円で家が買えた時代から、

100円では自動販売機でジュースすら買えないインフレを経験してきたのです。

昔、冷凍人間というものがありました。
人間を冷凍して仮死状態にして100年後に解凍するというものです。

もし、日本の明治時代の大金持ちが
100年後の日本を見てみたいと言って冷凍人間になったらどうでしょう。

俺は大金持ちだから銀行からお金を引きおろして車でも買おうとしたら、

100円で家が買えた時代の大金 持ちが

ジュースの自動販売機の値段をみたらびっくりするでしょうね。

小学生が小遣いを5000円もらってるときいたら・・・・・。

日本で幾らお金持ちでも、これから円安が進んだらどうでしょう?

アメリカに見捨てられたら?
北朝鮮に攻撃されて都市が破壊されたら?

いくら日本でお金持ちでも、いくら日本企業の株を持っていても
一瞬にして何も欲しいものも買えなくなってしまいます。

日本は輸入に頼っている国ですから、とんでもない状態になってしまいます。

日本の株を買うということは、
日本円を買うということとイコールです。

ですから、日本の株がどれだけ上昇しても円安になっていれば損しているのです。

政府が介入して、円を安定させている日本ですが、それにも限界 があります。
もし、円が見捨てられ、
政府の介入がなくなればどれだけ株価が上がったと喜んでも、何も意味がないのです。

ここ数十年、ある程度のレンジで推移しているので想像できないのは仕方がありませんが。

円安傾向が続くであろう日本と、更なる上昇が見えている人民元では、
どちらに投資することが正しいか考えてください。

高齢化社会、
少子化、
国の膨大な借金、
売れない日本製品、
低下する学力、
資源の無い国、
輸入に頼りきりの経済、
朝鮮にミサイルを発射されても何もできない軍事力のなさ!!

日本経済が破綻する可能性は高い としか言いいようがありません。

大地震や北朝鮮リスクで一瞬にして円が価値をなくしてしまうことも。

分散投資とは、日本国内の銘柄だけではなく、
投資する国を分散することも大切です。

これから世界のナンバーワンになる中国株に投資していきましょう。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2007/10/20 17:07】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。